スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It is Takeshima It's not Dokdo

当時、軍または政府による強制売春が日米、それに韓国でもあったとか、また韓国のロビー活動により日本だけが非難されたとしても、だからといって他国の売春事実を根拠にその非難をかわすという行動は問題である。同じ日本人として見窄らしい。

この問題をわかりやすく例えれば、どこぞの一流企業の男性社員数十人がネオン街など全くない外国に長期派遣されることになり、一部の一流企業社員が同行した下請け会社の社員に対して直接的な表現は避けて「息抜きしたい」と言ってきたとしよう。するとその下請け社員は、現地の女性を数十人、金をちらつかせて連れてきて、一部の一流企業社員と行為を行わせた。またそれを企業の上層部は"一部"黙認していた。と例えてみよう。

これを後に、女性らが訴え始める。ある女性は金を貰ってない。ある女性はそういう行為をするとは知らなかった。ある女性はとりあえず車に乗れと親に言われて乗っただけ。など、様々な証言があった。

はっきり言うが、この女性らの訴えの信憑性や強制性の有無などが問題だと思いますか。また他国の企業も同行為をしていたという根拠が必要ですか。
まして、彼ら一流社員のやる気を維持する上で必要だった「あたりまえです」などと、胸を張っていえますか。

どんなに罵られようが素直に受け入れ謝罪し、まして社員のやる気の維持に必要な行為などという事は、口が裂けても言うべきことではない。と、思いませんか。

最後に最も私が言いたいのは、確かに今でもモラルの低い隊員もいるだろうが「軍の規律維持に売春」が必要な事は建前ではなく本音でNOと言わせて貰う。年齢的に正式に入隊は出来ないが数年間、防人の飯を食される事を薦める。規律とは何なのか?考えるより感じて貰いたいからだ。

侮辱されたのは女性や米国民だけではないぞ橋本
スポンサーサイト

アンドロイドの子供目線



結果としては”己の死をもって訴えた”に見える自殺者の行為を咎める人間を

あなたは_お嫌いでしょうか?

何かの権力に迎合するだけのアンドロイドの惨めさが何時もより際だっていて

どうにも淀んだ日々を過ごしております。

info...




https://twitter.com/#!/Mononofu7th
※詳しくはご覧下さい。


池波正太郎 "男振"

男振(おとこぶり) 


ある事件が発端で処刑牢に入れられた十五歳の堀源太郎は死を覚悟する。しかし"何故か"親元そして故郷に戻ることとなった彼は、事件の発端となったある不条理を背負ったまま己で生きることを賢明に模索してゆきます。しかし張った糸が切れるように、やがてその孤独の生の中で狂気を纏うに至ります_


 "池波正太郎作品"と云うは"男"と一心同体と云ってよい。数多き彼の作品のなかを薫風の如き風となって幾人の男たちが吹き抜ける様は、押し付けられる作者の信念などではなく、いつも読者の内からナチュラルに込み上げるそれでありす。ですがこの"男振(おとこぶり)"を敢えて他者に押し付けようとするならば、「男とは"生かされてゆく"奇跡のバラッド」と云うべきではないだろうか。

想いで


皆さんのイチブが好きです。私のイチブをこれからも届けます。   武辺舎
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。