スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jiu-jitsu in cage

「柔道」
発祥の地に住む私達は、柔の道が世界で "どう通用するのか?" 非常に注目してきました。しかしながら、私がその一つの道と思う"Jiu-jitsu"が、どぅも今、期待はずれな状況です。いや、もはや久しいと言うべきです。世界というのは、今はアメリカンMMAを指しますが、ギリシャ神話の怪物を異名とするノゲイラを筆頭に、"Jiu-jitsu"は嘗て世界一と云われた武術でした。なかでも、ノゲイラのガードポジションに、私は"武術の黄泉がえり"さえ感じていました。しかし、MMA競技者の"Jiu-jitsu"に対してのDefense力が向上し、Ground-offenceで最も有用な肘が有効なUFC等が、世界の基準として成長していく...つまりMMAが競技として成長すればしていく程、あれ程有用された"Jiu-jitsu"が、何故か競技の発展と共に没落していくのです。が、実はそれをいち早く修正したのも、誰であろうノゲイラでした。ヒョードルに敗れたとはいえ、未だ世界を"Jiu-jitsu"という名の下に牽引していた彼が、あまりに短絡的に打撃を磨いた事に対して、私は当時"?"だらけでしたが、今となっては実に感慨深いモノがあります。そういう彼の変化こそ、先ずは敵を「打撃」で「投げ」で"征する"という闘いの原点に、競技が立ち返ろうとしている証拠なのかも知れません。

このまま"Jiu-jitsu"は、英語圏でそぅ発せられるように、本当に"sub"になってしまうのでしょうか?

それを覆すような根拠を私は持ち合わせていません。有るとすれば...ま、止めときましょう。ですが、以前に"オー・マィ・ガーな記事"でも述べた、ケージの特性を証明するような動画を発見しましたので、気になる方は以下をご覧下さい。

Bitetti Combat MMA 4:Marvin Eastman vs. Ricardo Arona
Date: September 12, 2009
Venue: Ginasio Gilberto Cardoso
City: Rio de Janeiro, Brazil


先ずは選手紹介

マーヴィン・イーストマン(16W.12L.1D.-N)
彼はMMA初戦でランペイジに判定勝利をあげていますが、その後は鳴かず飛ばずの戦績です。殆どの試合をケージで行っており、そういう意味での実績はある選手です。ファイトスタイルは打撃中心ですが、パワーのあるレスリングもこなします。謂わば、標準的なアメリカンファイターと言ったところでしょうか。

ヒカルド・アローナ(14W.5L.-D.-N)
勿論よくご存じだと思います。あの衝撃の敗北から実に2年以上もの間、全く試合をしていませんでした。気持ちの整理というかモチベーションがあがらなかった様ですが、実に勿体ない。彼が日本で試合をし続けてくれたら...と思うと、実に、実に...

そんな彼らが昨年の9月12日にブラジルのケージ大会の一つである"Bitetti Combat 4"で対戦しています。実はこの大会もまた実に5年ぶりなのですが、ルールは良く解らないですが、肘無しのようです。サッカーボールキックも恐らく無し。実にブラジリアンらしいルールに整えられている様に感じますが、過去大会の結果を見ても、柔術大国らしからぬ内容になっています。気になる方はググッてみて下さい。でわでわ、どぅぞ...



1R いきなりイーストマンの足が揃った所にアローナの1発目のローが入ります。しかし凄まじいローです。この時は、イーストマンが瞬間的にバックステップして、後ろ足に重心がのっていた為に助かっていますが、開始1分頃の2発目は、後ろ足から真横へ移動しようとした所へのローですから、もろにバランスを崩して尻餅を着いてしまいます。その後リカバリーされますが、小外刈りで倒し、インレンジでのトップポジションを奪います。奪ったまでは良かったのです。ですが...何とアローナはイーストマンに、いとも簡単にケージ際まで移動されてしまいます。日本では、さして気にも止められないイーストマンの行為を彼は理解したのでしょうか?私は、その後のシングルのテイクダウンを見ても、それを理解しているとは思えませんでした。相手をケージに押しつけながらのパウンドなど出来っこ有りませんし、ルール上ヒジも禁止です。何より柔術家が、敵と我のフィールドの半分をケージに支配された状況下での彼の行為はミスマッチにしか見えないのです。相当無駄な体力だけを消耗したと思います。

アブダビ2連覇や、RINGS・PRIDEでの実績のある彼でさえ、経験したことの無いフィールドでは通用しない技術があることが、解りすぎるほど表現されている試合だったと思います。尤も、アローナは"Jiu-jitsu"偏重の格闘家ではありませんが、このケージの特性という問題を解決しない限り、アローナの"弾丸タックル"も"Jiu-jitsu"も有効に機能せず、彼の有用なスキルは"ロー"に限定されるのです。

依存症

上から5番目の貴方は...
私が生まれて今まで発した何億か何兆ぶんの1の記憶にすら残らない言葉に
男が死んでも奪われてはならないプライドを奪われたのだろう...
上から5番目の貴方は...
奪われたそのプライドを取り戻すべく、レフトクリックした...
でも、いつまで経っても上から5番目の貴方は、私からはプライドどころか何も奪えない。
奪い返すまで、指が無くなるまで
もぅ止められないのは解った。

一生俺のブログに依存してな。

石井 慧 は名店か?

石井 慧
記念すべき初戦を落としました。ただの初黒星である。
「悲観するべからず」

私は2R以降、よく動けたと思っています。練習の成果は出たのでは無いでしょうか?エヴァンスのように大きくウェービングして何度か良い場面を作りました。ただ、恐らく、勝つための方策を持っていないように見受けました。まさか点と点を結んだ延長線上の極め(打投極のような)は出来ないと思ってましたが、点での方策さえもっていないように思えました。それは更なる練習と実戦を踏むことで解決して欲しいと思いましたが、首の怪我(ヘルニア)のせいもあって練習自体あまり出来ないんじゃ?という私的不安要素をある程度、払拭してくれたと思っています。ただ、首と言うことで僧帽筋や大胸筋に影響が有るのか?何のか?その辺は未だに心配ですが、専門的な事を識っておられる方がおられましたらご教授願います。

そういう見方の私ですから、当然、彼の初黒星を悲壮感たっぷりに騙るファンの言葉を想うと、居ても立っても居られず、ちょぃ反応してみようかと思った次第です。

<本文>
グレイシー伝説や、皇帝ヒョードルを間近で味わったセレブな日本の御客ほど、「味」にも「店の名」にも「食材」にも五月蠅いのは当然であるが、此処は一つ、名店と呼ばれるまでの過程を見つめて、自分だけの名店を探してみませんか?すれば、もしかすると日本という国に、貴方の名店を見つける事が出来るかもしれません。

と言うことで、現在の世界の名店を覗いてみたいと思います。店のチョイスは、主観を排するために、1月13日付けのMMAWEEKLYの中・重量級の各階級のランカー上位を挙げ、各ランカーの勝敗と、総試合数の勝利内訳で判定を除く勝率(T/KO・ サブミッションによる勝率)を(%)内で挙げてみました。本当はクートゥアなんかと比べたかったが...先ずは...

●ヘビー級
1 エメリヤーエンコ・ヒョードル
  32勝1敗1無(70%)
2 ブロック・レスナー
  4勝1敗(75%)
3 フランク・ミア
  13勝4敗(59%)

以下に、ケイン・ベラスケス、ブレット・ロジャース(現在1敗)という無敗という食材をウリに上り詰めた店もありますが、何時かは手に入らない...つまり、負けるのです。その時、貴方が勝敗数という食材ばかりに拘っていたら、いつまで経っても、貴方の店は見つからないのです。最近注目されるアリスター・オーフレイムに至っては、32勝11敗1無(70%)です。次に...

●ライトヘビー級
1 リョート・マチダ
  16勝無敗(44%)
2 ラシャド・エヴァンス
  14勝1敗1分(44%)
3 マウリシオ・ショーグン
  18勝4敗(73%)

勿論、私は町田君を好きですが、それは無敗という食材の良さも有りますが、日本人なら大好きな味を彼がもっているからです。アメリカ人のウケはやはり悪かったですが。エヴァンスはもぅ完全に美味しいハンバーガーの店ですね。皆さんお気に入りのゲガール・ムサシは6位ですが、28勝2敗1分(83%)。数字的には完全にセレブな日本人の壺に填ってますね。負けないように応援しましょう。ちなみに10位のジョン・ジョーンズは世界共通の味をもっていますよ。是非ご賞味下さい。最後に...

●ミドル級
1 アンデウソン・シウバ
  25勝4敗(66%)
2 ネイサン・マーコート
  29勝8敗2分(56%)
3 ビクトー・ベウフォート
  19勝8敗(56%)

何故かこの階級は、日本人に馴染みの深い店が多いですね。秋山、三崎、シールズ、ダンヘン。この3店舗もそぅ。しかし、マーコートが今出てくる店になるとは思わなかったね。あっ、ちょぃ脱線。どぅでしょ?一気に、一時消えた名店が復活してますね。PFPの呼び声高いアンデウソンなんて、凄く偏った味してるのにね。しかも、日本の店に高確率で負けている。ナマモノ禁止の店なのかな?でもコレ見て、良い店は食材じゃない!って解るよね?腐ってたらそりゃ?保健所くるけど。

●ウェルター級
1 ジョルジュ・サンピエール
  19勝2敗(62%)
2 ジョン・フィッチ
  20勝3敗1無(38%)
3 チアゴ・アウベス
  16勝4敗(55%)

GSPは勿論、世界の味、しかも日本食をベースに作り上げてますから貴方の口に合うこと請け合いです。しかも私は彼の2敗という食材こそ好きなんです。ドラマがありましたからね。ジョン・フィッチは、石井と同じく初戦黒星です。そこから地味に作り上げられた完成品です。チアゴ・アウベスは天才的若者ですが、それは努力の賜物です。何時かGSPのような名店になる事でしょう。

最後に、やっぱりクートゥア...いっときます。我慢できない。食材は、17勝10敗(33%)...どぅ?良い店でしょ?わかんないよねコレじゃ(笑)俺だけの店だもの。創業100年みたいな(笑)

※ということで、【石井 慧】は名店か?
私の答えは...「これから」でしょ?
こんな二行で済むのに長文失礼

Urijah

NO FEAR!!!

Date: January 10, 2010
vs. Raphael Assuncao

カルフォルニア、いやTHEアメリカンヒーローの"御入場"である。
凄まじい歓声と悲鳴は、ヘッドバンドと歯を光らせるフェイバー唯一人に向けられる。
何度も客に手を引かれ、行進を妨げられても、それが当然と理解している彼は、尚も手を差し出し行進する。そして、ケージ際に登るや振り返り、自分という一点に集中した観客に向かって両手を挙げ、微笑んだ...。過酷なケージを背に、こんな微笑みの出来るファイターなど世界に唯1人であろぅ...。

ユライアSHOWは、序盤からアスンソンが距離を確かめる事無く、一気に勝負に出て行く展開。フェイバー相手に、意外と言えるアスンソンのアグレッシブファイトに、1度目のマイク・ブラウン戦を思い出し、一瞬怯んだ私であったが、フェイバーは、太陽が太陽たる故に輝くように、それを受けること無く攻めていった。大きく助走しなながらの右。フライングミドル。右クロスからのアッパーと返しの右。フライングニーとセットのワンツー。フィニッシュ直前のローシングルも綺麗だった。勝つための戦略など無い、センスの戦術だけで闘えるMMAファイターを私は他に挙げられない。

彼が攻める度、私は怖くて仕方なかったが、その度に、私は私では無い彼を自分自身の事のように誇っていた。
たった1人で...

No FEAR!!!


※ところでコレ美味しいのかな?(バック♪が良いです。MatchMaker - Take a Bow Soldier)

蒼き己


ゆらぐ摩天楼に
蒼い風が吹く
憂鬱な街灯りが
背中.......影にする

どこまで歩けばいいんだろう?
行くあてのない道さまよう

時を経た砂漠は
街に姿換え
日の光までもが
輝き.......忘れる

どこまで歩けばいいんだろう?
いてついた心ひきずって




Come to me 灰色の時だけが過ぎてく
Come to me 誰でもいい教えてよ行き先を
Show me the way

いっそ激しい雨に伐たれて
涙かれるまでここにいようか

Come to me 灰色も時だけが過ぎてく
Come to me 誰でもいい教えてよ行き先を
Show me the way

 

 Lyrics 吉川 晃司 布袋 寅泰 Music 布袋 寅泰

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。