スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Spirit

嘉納治五郎

に於ける近接戦闘術がいつしか体系化され、その古武道のうちの柔術が嘉納治五郎の手により創意研究され"柔道"の名を冠してより一世紀が経つ。この「身体と精神を最も有効に働かせる」ことを目的とした単なる武術では無い武術が、と交わった事を私は有り難く思う。この禅は、実は戦国武士達にも愛された。茶の湯が利休らににより体系化されたのもこの時代であるが、最も有名なのは禅僧になった晴信が晩年に名乗った法名"信玄"であろぅ。本来、禅は他の宗教のように体系化された教えでは無いのだが、彼はこの禅を規律心の薄い地侍で構成された武田家臣団の体系化に大いに役立て、戦国期の最強軍団を創り上げていったのである。であるから、実は禅は強さとも密接な関係にあると言ってよい。つまり前後するが、精神とは、後に目に見えて結果として表現されるのである。
スポンサーサイト

晒す己



Blogって、絶対俺はやるまい。と思っていたし、そもそも続かないと思っていた。他人のBlogを見ていると、それは尚、確信めいていった。別に特段の悩みもなく、誰かとコミュニケーションしたいとも思わなかったし、他人の意見を眺めて感じることの方が好きではいた。もともと実生活でも、そういうタイプの人間だ。卑怯と何と言われようが、しょうがない(笑)。周りも自分も傷つけない生き方をしたせいで、言葉に極端にストイックになってしまった。そうこうしているうちに三十路も半ばを過ぎてきたら、自分の中の自分では無く、"こぅ見えているだろう"という自分の世間での評価と、事実のそれが、あからさまに違っていることに気づき始めた。あんがい面白い事ではあったが、それは人に自分の思考や想いを理解せせるに、あまりに不都合な事だと近頃感じる。だからといって、言葉は世の中に山ほどあるが、それだけで相違感が埋まるとも思えない。でも、こぅして何げにBlogを書き続けていると、鏡をみるように晒したくない自分が見えてくるから不思議である。

あっまた格好気にした(笑)

リングである事

育成負け分けリベンジ返り討ちランキングトーナメント異種同種愛国心世界王者カリスマ速度最強ルール


アナロジー

人の強さを測る物理的な定理や道具が世界に存在しないのは、私に其れを無視した好奇心を抱かせる為が故、なのだろぅか。時に其れが無益な争いを生むのに。そういう合理的な秩序を希求しつつも、実は不合理な様にこそ生を感じていたり...例えば合理的知覚に長けた信長の、生涯唯一の不合理戦は今尚、語り継がれる。

やはり私は
格闘技が好きなのかもしれない。


Shiina Ringo - La Salle de Bain

追伸:椎名林檎の詩には、正しく極上のアナロジーを感じる。

HEROE's

吉田 秀彦 四十歳

敢えて言わせて貰う。
皆、拍手で彼の背中を見送るだけなのだが、私が側にいる人間なら、もぅ何度でも背中を推していただろぅ。「未だやれた」「絶対やれた」と私は真面目に思っていたからだ。
私は総合格闘家としての彼に、ずっと変わらぬ疑問をもっていた事がある。それは純な格闘家としての姿勢や発言とはかけ離れて見える、彼の肉体的な疲労感である。本来の彼の格闘家としての生活がどんなものかはヨクワカラナイで言うことになるが、アスリートとして私が抱くようなストイックさは彼の中にあったのだろうか?私が中村なら介錯人立候補の前に

「先輩、スパーリングなんかしないで、ロードワーク行きますか」

と誘ったと思う。まだ40だよ。40なめんなよ。


Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。