スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本再興計画書 ?What's Up Mr Jones ?



もぅ一つは、橋本真也のようにアルティメットグローブを脱ぎ捨てる事です。そしてUFCがそうなように、日本総合邑をゼロから築き上げる事が必要でしょう。つまり、完全なるWMMAからの脱却です。それを私はJapanese original natural endorphin systemと名付けてみよぅと思います。略して"JONES"です。

こちらは子細を提示したいと思います。妄想すぎて恥ずかしいですが。

ん?見るからに(笑)
という事でボツ

Time



先ほどUSTREAMで、D.14の会見が14:20過ぎからOnAirされていた。
今年の1月30日から沖縄入りし、あの平仲明信氏のジムでトレーニングしていたKID。その平仲氏から"駄目だし"を受けた話など、実に和やかな空間の会見だった。インタビュアーの質問がそぅだった"だけ"なのかもしれないが、最近の格闘家らしく無い、実にアスリートとしての姿しか見えなかった。日本の格闘技がどぅだとか、視聴率だの、ギャランティーだの、魅せるだの_そぅいう煽りが、透けても見えなかった。「勝ちたい」という言葉は勿論あったが、それさえ強く、魅せとして強調しなかった。

時間に対する悔しさや希望を語る彼の姿勢が異様に私には響いた。
ゴシップにはならない会見であったが、妙に、久しぶりに山本 徳郁の試合が楽しみで、楽しみで仕方がない。

そぅ。チクタクする時間ってアスリートには凄く気になる存在だよね。凄く解る。

円陣

PRIDEの昔
柔術系とシュートボクセ系は交互に時代を謳歌した。勝ちし側は「平家に非ずんば人にあらず」とばかりに振る舞い、敗れし術を蔑む言葉は正に、勅(みことのり)のように響いた時代だった。格闘技ファンに、スポーツの世界では体現出来ない世界観をもたらしていた。良くも悪くも、そのお陰でブラジル発のアカデミーがアメリカのみならず世界に転移できたが、近年はAKAなどアメリカ独自に派生したアカデミーや、Xtreme Couture・Team Alpha Male等、チーム形式がジムに発展した存在が、時代を支え始め、そして代謝をもたらしている。その中でも"ガイドージュツ"と云う、いかにも欧米人の幻想空間を纏ったチームが時代を謳歌している。
Jackson's MMAである。
術的なカテゴリを極めるジムではなく、MMAを極める空間と言えばそれで解るかもしれないが、「ジョルジュ・サンピエール、シェーン・カーウィン、ラシャド・エヴァンス、ジョン・ジョーンズ、ネイサン・マーコート、ジョー・スティーブンソン...etcらが、一緒にトレーニングしている場所」と言った方が深く伝わるであろう。この度、SRCファザー級王者の金原正徳が防衛戦に向けて渡米した先も其所である。
ようやく本当の危機感を持った日本であるが、今、パフォーマンスなのか?強さなのか?
言わずもがな_である。


ORiGiNAL

特別な愛の詩

YouTubeでふわふわしていると、思いもよらぬ動画に出くわしますよね。今朝はこんな動画を見つけました。



NCAA.3timesチャンピオンのジェイク・ロショルトと、後に同級王者となったフィル・デイヴィスの試合であります。そして試合途中で、そっちのけでインタビューされているのは、階級下ではありますが、こちらも2timesチャンピオンとなり、北京オリンピックにも出場したベン・アスクレンであります。最近の彼らの動画もやっとこさ見つけてUPしようと思ったのですが、気になる方は自分で探して下さい(笑)YouTubeには良いの無いです。正に保守の領域を朝から見せつけられ陰モードに突入しようと思いましたが、でもま?いいのです。昔好きだった歌を聴いて落ち着きます。



ボーダーラインから少しはみ出せば
どうでも良い事ばかりで Cool Down ♪
(出来れば貴方のMMA愛を感じながら歌詞を噛み締めて聴いてくれると有り難いです。いつも選曲に一番苦労してますんで)
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。