スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Frankie Edgar vs.Georges St-Pierre

机上の空論とは云うが_
それ無しではファンにとっては"おかずのない夕食"と同じであろう。
と、予防線を張ったところでデータベース_http://www.ufc.com/ (参照)

Frankie Edgar UFC Lightweight Champion
UFC戦績:10勝1敗1分

・総戦術詳細
打撃率:38%
サブミッション率:7%
テイクダウン率:55%

・打撃詳細
総打撃数:1364打
及び有効率:42%(572/1364打)
打撃回避率:74%
有効打内訳:
スタンド:61%(348打)
グランド:27%(153打)
その他:12%(71打)

・グラップリング詳細
総テイクダウン数:86回
及び成功率:41%(35/86回)
テイクダウン回避率:60%
有効グラップリング内訳:
サブミッション:4回
パスガード:21回
スウィープ:2回




Georges St-Pierre UFC Welterweight Champion
UFC戦績:17勝2敗

・総戦術詳細
打撃率:29%
サブミッション率:27%
テイクダウン率:44%

・打撃詳細
総打撃数:1586打
及び有効率:56%(892/1586打)
打撃回避率:73%
有効打内訳:
スタンド:52%(462打)
グランド:41%(362打)
その他:7%(68打)

・グラップリング詳細
総テイクダウン数:85回
及び成功率:78%(66/85回)
テイクダウン回避率:86%
有効グラップリング内訳:
サブミッション:22回
パスガード:107回
スウィープ:5回

この二人、今やアンチUFCの筆頭格ではないだろうか?でも私はアンチの方にこそ見て欲しくこのエントリを書いている。個人の嗜好だからどぅぞ御勝手に等と言いつつ、湿原アメーバーのように批判前提の保守やリベラルにはなりたくないので_なんて話を逸らしてみたが、私はGSPが大好きです。エドガーは嫌いです。キッパリ。であるからこの二人を一緒くたに批判されるのは我慢がならない。しかしやはり_漠然としていた。漠然としていたがGSPの方が断然、私の最強に近いと感じていた。だから何度か彼のことはblogで取り上げたが_今回は確実な数値で違いをお見せしたく紹介させて貰った。どぅだったろうか?何か気が付いただろうか?では最後に、私が上記のデータから導き出した注目の数値(ドロナワ式かもしれないが)をご覧頂ください。ペコリーノ

★Frankie Edgar
1テイクダウンあたりの有効打数(有効グラウンド打撃数/テイクダウン成功数)
:4.37打(153発/35回)
1テイクダウンあたりの有効グラップリング数(有効グラップリング総数/テイクダウン成功数)
:0.77回(27/35回)

★Georges St-Pierre
1テイクダウンあたりの有効打数(有効グラウンド打撃数/テイクダウン成功数)
:5.48打(362発/66回)
1テイクダウンあたりの有効グラップリング回数(有効グラップリング総数/テイクダウン成功数)
:2.05回(135/66回)

どぅだろう?GSPのテイクダウン後の支配力、コントロール力。単にジャッジに評価して貰いたいのなら、無理にパスガードを狙わなくていい筈。エドガーのようにコツコツと仕事をすればいいのです。

こういうデータは特に野球では見かけるが、MMA選手も見ているだけで楽しめるものだと思う。私のようにお暇なら、いや情熱があるなら、他の選手も覗いて見て欲しい。実に納得できる部分が一つや二つはある筈です。


7200”



あれから幾年かが過ぎ去った。

 ジョルジュ・サンピエールは自身のキャリアをマラソンのようだと表現する。序盤で既に独走態勢に入りかけたそのランナーは、その矢先に転倒してしまう。たった205秒の先頭だった_

しかし起きあがり辺りを見渡せば、彼などお構いなしにマラソンは続けられていた。衝迫だったのか_それとも強迫観念を振り払う為だったのか_何れにせよによ、何かに駆り立てられるように彼は査定試合、暫定王者戦、統一王者戦にてリベンジマッチと、後続からの突き上げを振り切りつつ、歴史に名を残す程のランナーを再び抜き去った。時計の針はあれから既に一年余りを刻んでいた_


彼がそれから一度も、いや1Rも併走さえ許していないのは、あの転倒時の彼の目前に写された光景が、トラック競技場の既にゴールテープを切り終えた併走者の姿では無く、ゴールなど見えないがしかし延々と続きはしないであろう"穴ぼこだらけの道"をひた進むライバル達の姿だったのは確かだったろう。

vs.Jon Fitch (50-44,50-43,50-44)
vs.B.J. Penn (40-35,40-34,40-34)※4R終了時コーナーストップ
vs.Thiago Alves (50-45,50-44,50-45)
vs.Dan Hardy (50-43,50-44,50-45)
vs.Josh Koscheck (50-45,50-45,50-45)

120分、7200秒間、彼に追いつく者さえいない
しかし、彼は常に振り返るべき者があると云う_

Ultimate Fighting Championship

Royce Gracie
Chuck Liddell/Georges St-Pierre/Matt Serra/B.J.Penn/Anderson Silva/Wanderlei Silva/Lyoto Machida/Brock Lesnar/Thiago Alves/Anderson Silva/Georges St-Pierre/B.J.Penn/Rashad Evans/Keith Jardine vs.Chuck Liddell/B.J.Penn/Lyoto Machida/B.J.Penn/Anderson Silva/Chuck Liddell vs.Quinton Jackson/Quinton Jackson/Lyoto Machida/Wanderlei Silva/Matt Hughes/Randy Couture/Thiago Alves/Anderson Silva/Georges St-Pierre/Lyoto Machida/B.J.Penn/Brock Lesnar/Randy Couture/Georges St-Pierre/B.J.Penn/Matt Serra/Chuck Liddell/Georges St-Pierre/Frank Mir vs.Antonio Rodrigo Nogueira/
Anderson Silva vs.James Irvin/Chuck Liddell vs.Rashad Evans/Cheick Kongo vs.Dan Evensen/Stephan Bonnar vs.Forrest Griffin/Rashad Evans vs.Sean Salmon/Frank Mir vs.Wes Sims/Mirko Filipovic vs.Eddie Sanchez/Kazuhiro Nakamura vs.Lyoto Machida/Lyoto Machida vs.Thiago Silva/Anderson Silva/Thiago Alves/Jon Fitch/B.J.Penn/Quinton Jackson/Randy Couture/Georges St-Pierre/Chuck Liddell/Lyoto Machida/Quinton Jackson/Wanderlei Silva/Anderson Silva/Matt Hughes/Chuck Liddell/Randy Couture
Georges St-Pierre

THEY BELIEVED
DO YOU?

Vs.Major

michihiro_omigawa.jpg

Vs.

チャド・メンデス(Chad Mendes)
バックボーンはカレッジレスリング。NCAA時代は長らくシーズンランキング1位を維持し、シニアクラスでは30勝1敗。アメリカ西部の四州で構成されるカテ?リーグのレスラーオブザイヤーの栄誉を冠するなど、NCAA界の綺羅星の一人というアマ経歴である。MMA転向後の現在は9戦無敗をレコードしているが、多くのレスラー転向組がそうであるように、あくまで真摯に競技に取り組んでくれている(苦笑)。戦い方はTeam Alpha Male所属選手_というのが非常に理解できる選手だ。つまりフェイバー的なフィジカルを全面に圧しだした、アメリカンスポーツ的な風情を既に備えている。女性ファンの多さまで瓜二つといっていいのだが、彼の正統な後継者となるには、肘の技術、サブミッションの技術を早く身につけて欲しいと願うばかりだ。UFCフェザー級での地位は、ライト級転向の噂がある_というか同階級では敵無しとなった王者アルドが、その道すがら全てのコンテンダーを食い潰している現在、非常に注目を浴びているファイターである事は間違いないが_果たして真実はどぅだろうか?

Kid1.jpg

Vs.

デメトリオス・ジョンソン(Demetrious Johnson)
バックボーンはレスリングとトラック競技者らしく、躰の線は細いが非常にスタミナと柔軟性があり、且つスピードを備えているというのが肉体的な印象。WEC時代の戦績は2勝1敗だが総合では8勝1敗という成績。前回、コンデンダーの位置にあったダマッシオ・ページを得意のギロチンで降し、一気にブレイクした感じだ。2試合見たが、明らかに体格やパワーの上回る相手をいとも簡単に倒す(ように見える)ダブルレッグは、アマチュアの実績はないが、流石に大国の一員なのだな_とういう思いを改めて感じた。打撃スキルは、はじめボクサータイプだと思って見ていたが、オーソの体勢からの左ハイ、若しくはインローをなかなか綺麗に放ち、また組み付いてからのムエタイ系の打撃も、その肉体と実に調和されているように思う。これだけでも十分にハイクラスなファイターだが、私には何よりクレバーな感性を持っているファイターだな_という印象が強烈に残った。が、惜しむべきはバンタムより下のクラス(フライ級とかは無いが)の力感_という感じのファイターであった。

FC2ノウハウ

Omigawa + KID - UFC126

魅せてFreeway
過去観た情景に酔っちゃいられないの

何処までも進もう?死角はは未だ無いみたい
此処ではみんな前を見ている
何時まで走ろう?速度はいま丁度良いよ
燃費も気にしない
私をSteering!
          (ランプ/Lyrics:椎名林檎)



さぁもうこの辺で正体見せろよ 深紅の洞窟を引き返せよ
もぅ忘れてしまったなら嘘の黄色の肌が
光が消える頃に共に消えてゆくのかい?
決めたのかい?

あぁもぅ堪えられない 噛みついたって痛くはない
妄想 停まらない 汗で整髪光る汗
応答願いたい 立ち止まって見ていたくはない
もぅ追い続けたい どんなカタチのお終いなのか
ずっと輝く肌色を見ていたい
離れられない
          (ミラーボール/Lyrics:浮雲)
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。