スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Penn_bias

"The Prodigy(天才)"_。
私は思う_フランク・エドガーとの2連戦が物議をよんだのも、ジョルジュ・サンピエールとのコミッション絡みの事も、みな彼の実力に帰属していたが故だと_。

血祭り vs.Gomi

UFC 127: B.J. Penn vs.Jon Fitch
Date: February 26, 2011(US)
Venue: Acer Arena
City: Sydney, Australia

神格化しときながら無粋ではあるが(笑)では試合予想といきたい。
まず対戦するのはUFC戦績13勝1敗_うち判定試合が10試合の"Fitch"。戦績だけを見るとディフェンシブなファイターの一人だが、実は彼のハートは熱く、見た目以上の力強いファイトを展開する。
身体的な特徴は、身長183?、リーチ188?と、ミドルクラス以上の体格を備えている。また技術的な特徴といえば_勿論、レスラー出自の柔術家ではあるが、素人感想を言えば_UFCでも指折りのガードスキルをもったファイターだと私は思っている。最近ではチアゴアウベス戦_そのガードスキルの実力が、アウベスから私に伝搬した一戦であった。
こぅ書くと"Penn"の新たな章に、何か嫌な予感がする方はよく見ている方だと思う。それに彼のウェルターでの実績といえば、その王座にも就いたが、あくまで同体格との相手に勝っていると言うことにも恐らく行き着くはずだ。

でも"天才"は"天才"なのである。
凡人_ましてや素人には理解など、予測出来なくて良い存在だろう。


おまけだが_
例えば、ここに新団体がある。君はオーナーだ。そして君は世界中のMMAファイターの中から今_まさに今、一人のMMAファイターを選ぶことが出来るとしたら_誰を選ぶだろうか?
私は好き嫌いではなく、思い入れでもなく、GSPの顔を腫らした_
この世で一番怖い男を指名する。

B.J. Penn

血祭りが始まる!


スポンサーサイト

400回目の夢を見て

何時も鏡を見るたび_
不思議なラインが顔を覆ってゆく

過ぎ去ってゆく_
それは夕暮れか夜明けのように

そんなものさ_
誰だって支払わされる代償なのだから

そうさ、誰にもわからない
何処から来て何処へ行くのかなんてね

私は知っているんだ、みんなの罪を
それは失うことで得る方法論さ


人生の半分は本に書かれてる
愚者と賢者に学んで生きている
そして真実は_
何でもかんでも君に還ってくるという事


*一緒に歌おう_日々のために歌おう
笑い声のために、涙のために歌おう
それが今日のためなら一緒に歌おう
明日にも_主が君を奪って行かれるかもしれないから

*夢を見て_夢を見て_夢を見て
夢が叶うまで見ろ
夢を見て_夢を見て_夢を見て
いつか夢が君になるまで見ろ

*Repeat

(Buhensha訳のため取り扱い注意)

気高く_

気分を害するかもしれない。
そぅ思って一旦閉まったが、やはり賛助_賛歌のつもりで囀る。

少し前の記事だが「北方領土 "軍事化" 目指すロシア 備えよ日本」などという産経の記事があった_。

情報記事ならいいのだが、コラムは個人的にやはり"タメになる"のが好きだから、紙面・ネットとも好んで読んでいる。しかしそういう有益なコラムは非常に少ないのも事実だ。この記事もその通りで、まるでエンタメと言っては失礼すぎるが、やはりその程度の記者などはまるで通ではない。勉強などしていないのが見え見えで、一過性の興味、嗜好の域なのである。だから、例えるならエンタメであろうか_。

記事の展開はそれほど悪くはない。だが「国後島と択捉島の第18機関銃・砲兵師団」の事も勉強していない。どのような軍?なのかさえ筆者は全く理解していない。恐らく現状を知ったのなら卒倒する筈だ。
それに、アナトリー・セルジュコフ国防相の「軍事的に重要な施設がある」という言葉を丸呑みしている。無い_有るわけが無い。いや、私も確実には言い切れないが_冷戦時代以降に残ったこの地域の重要施設とは一体なんぞや?そこは押さえて欲しいし、せめて熟考して欲しい。有るとしたら_残骸のような核施設、若しくは資源であろう。その暴発、若しくは略奪・テロに必要最低限の防衛部隊がいれば十分なのである。近代化はつまるところ人員の削減でもあるのだ。
また、記事には無いが露大統領が口にした「すべてロシア領」は、紛れもなく広大なのだ。

あの冷戦時代_"目に見えた冷戦"が日本近海の上空で起きていた事ぐらい調べた上で、ロシアの真意は何なのかをもっと探るべきでだ。それから読者に問うべきであろう。問うて欲しい_

椰子の実が堕ちた事実も知らず、堕ちた音だけを捉えていては
我々は怯えた兎になるのだ_



The Mezzanine

上井文彦 / Shingol 対談

Date: February 17, 2011 (20:00?)
Location: Usteram Cafe Osaka
Live: http://www.ustream.tv/channel/ustcafe大阪


誰もやらんことをやると誇りが育つ
誇りがつくと恥がわかる
誇りがわからないと恥がわからないんだよ。
誇りのないヤツの恥は、恥じゃない、恥ずかしいだけ
誇りのあるヤツには恥がある
だから人に尊敬される。

_前田日明


対談、私が言うのも変な話ですが_どぅでしたか?

立ち位置の違い合う_まさに"対談"
非常にドライブ感があり面白いプロレス談議でしたが_
途中_私はこの前田日明 の言葉をやはり思い起こします。

そして、誤解を恐れずに敬意を込めて申せば_
上井文彦氏Shingol氏は、その恥を知っておる方だと私は改めて強く感じた次第です。
そこにこのお二人の得も言われぬ魔人力を感じます。

Shingol氏と故・星野 勘太郎さんの対談が見たかった_という思いが湧き出て止みません。

INXS


fm.jpg

オーストラリア人留学生が訪れた_
Suzi Quatro_似の彼女の呼び名は_確か"ジェシー"
女子クラスに入った彼女に、意外な男が絡んでいた

「ドゥ ユー ライク_INEKUSESU?」
怪訝な表情の彼女_

そこでは退けない男が続ける
「ワット ユー ニー ワット ユー ニー♪」

すると彼女は確かに、こう返した_
「Wooo_,Surprising!」
「What You Need_What You Need♪」

あまりに意気投合した放課後_
だからもぅ話しかける事はなかった。




A.O.R

Mon'-Thu':19:00 ? 20:55(ネット局により放送日および時間の差違有り)

番組のコンセプトは On the Way and AAA
仕事帰りの車の中で"お気に入りのコンピレーションCD"を聴くように・・・
楽しみながら一日の疲れをクールダウン!
選曲は音楽ジャンルとしてではないアダルト、コンテンポラリー、サウンド、"AAA"
大人の楽しめる音楽がいっぱいです。(HPから抜粋)

DJ_"Yuki Rhinehart"

悶々とした過去を思い出すより
生きているうちに、自分の歩んだ楽しい人生を振り返ってみませんか?
_選曲の種だったりもします。

This Time
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。