スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・猛龍過江

bruce-lee.jpg 
Stephen R. Thompson

はじめから彼の名を記したかったのだが、諸事情によりこのエントリで改めて紹介する事にする。

 彼は三歳から父親の道場で空手を始めている。そののち現在までキックボクシングのアマチュア大会で37戦、同プロフェッショナルで56戦をこなし、数々の世界大会にも出場した。2006年には、マーシャルアーティスト兼、殿堂入り俳優である"チャック・ノリス"主催の世界コンバットリーグに参加している。
また義兄であり、"RCJ Machado Brazilian Jiu-Jitsu"の主宰でもある"カルロス ・ マチャド"の下でブラジリアン柔術を学び、紫帯を得ている。

そんな彼が27歳にして総合格闘技の舞台に身を投じたのはまさに必然である。貪るように5戦をこなした彼は、やはり吸い寄せられるようにある場所を目指している。そこには三星を背にし座るジョルジュ・サンピエールが待ち受けていた。その日、彼だけが何かを感じる筈だった。しかし、それは恐らく二人が同時に”何かを感じた刻”となったと私は勝手に思っている。

2012年2月4日 UFC143
100戦を超える無敗記録が潰えなかった殊より、私は彼が"彼"にみえた事の方が衝撃的だった。


UFC 145: Stephen R. Thompson vs. Matt "The Immortal" Brown
Date: April 21
Venue: Philips Arena



スポンサーサイト
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。