スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFC145:文明開化

ステファン・トンプソン


今月22日(日本時間)。UFC.144以来約二ヶ月ぶりにUFC.Numberが更新される。Zuffaの決算期ではないだろうし、もしやUFCも遂にオフシーズンを取ることにしたのか_んなわけないが、何れにしろ本戦大会がこれほど開いたのは久しぶりだ(調べたら7年ぶり)。

 今回の大会タイトルは"Jones vs. Evans"、UFCライトヘビー級チャンピオンシップが行われる。最近はこのようにメインカードがそのままタイトルに使われるが、個人的には昔のように"ビッグネーム"以外は例えチャンピオンシップでも比喩的でしかもヴィヴィッドなキャッチコピーにしてもらいたいと考える。なぜなら最近の本戦は"タイトルの如く"あくまでチャンピオンシップロードであり、綺麗に燃焼しているがガスコンロ同然に思える。確かに全米制覇という本願を達するには各州のコミッションに許可されるべきスポーツイベントにしなければならないのはわかるが、私は本戦を規制が少ないと言われるネバタ1本にして枝戦をそちらの方向に向かせて行うべきだと考えている。PRIDEに聖地があったようにUFCの聖地はラスベガス"マンダレイ・ベイ"であるはずだ。話が逸れた_とは言うものの、このメインのこれまでの数カ月の流れをみればサブタイトルは”舌戦”という所だ。いっそこの大会にはソネンなど口煩い選手を集結しては如何だったろうか。まだズレてる_。えーっと(笑)前エントリでも書いたが個人的には非常に残念な流れである。それはこの二人の対戦が、くっだらない言い合いなどなくても戦史に恥じないDreamマッチであるからだ。

 UFC過去最強といってよいライトヘビー王者に就くジョン・ジョーンズは、いまやMMA界の最高師範であるグレッグ・ジャクソンの高弟の一人であるが、その流派を彼より先に世界に示したのが、第9代UFCライトヘビー級世界王者のエヴァンスなのである。ジャクソンズMMAを離れても、その自負は今も変わらないだろう。リデルを倒し、グリフィンを圧倒した技術は斬新で衝撃的だった。RINGSの"暴走ハリケーン"の衝撃に似ていた。しかしただ一度の敗戦が彼の評価を異様に推し下げている。vs. LYOTO戦の敗北だ。確かに完敗だった。王者でありながらアウトレンジをクルクル回り続け、判りきっていたカウンターで刺された。もっと"ジャブ"を打ち込んでからLYOTOの懐に入りたかった筈であるが、LYOTOは上手くスイッチングしながら"蹴り"でそれをさせなかった。まんまとLYOTOのカウンターの間合いに引きこまれベルトを手放した。
しかし、その後も怪我をして満足なパフォーマンスを発揮できずにいたが、グレッグ・ジョーンズというNCAA界のスターに土を付けたレスラーとしての鼓動は失わなかった。前回のフィル・デイヴィス戦は流石と思わせるに十分だった。
アスリートの世界に"if"は無いが、あの怪我がなければ恐らくエヴァンスは王者として門弟ジョーンズを迎え撃つ事になったろう。
実は今大会が行われるジョージア州での本戦は4度目だが、過去"怪我"によってUFCの歴史が大きく揺らいだ場所でもあり、しかもエヴァンスが大物リデルを降したフィリプスアリーナである。さてこの縁はどぅ繋がるのだろうか_私は何度も紹介するようにステファン・トンプソンに文明開化の扉を叩いて欲しいが_そぅ願ってこのエントリータイトルにした。

「一撃でくたばるのは誰だ」



Buhensha注目カード

Light Heavyweight-Championship bout: Jon Jones (c) vs. Rashad Evans
Welterweight bout: Rory MacDonald vs. Che Mills
Welterweight bout: Stephen Thompson vs. Matt Brown
スポンサーサイト
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。