スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の変わり目

「Dynamite」と「戦極」が大晦日共同開催という...
MMAファンにとっては、思い起こせば...既定路線っぽい発表が昨日ありました。
勿論、格闘技ファンの私としては、「吉田vs石井」「魔裟斗vsサワー」という大晦日の目玉カードが同一会場、同一チャネルで観戦できるのは非常に有り難いことだと思っております。が、もぅ一つの目玉として発表された「対抗戦」...多くのニワカ、若しくは一見さんを取り込み【紅白越えを目指す!と、関係者】は意気込んでおりますが、果たして、彼らの極上の思いこみで、日本の特別な日の、特別な時間に「Dynamiteを視たい」という熱を生むことが事が出来るのでしょうか?

<対抗戦>

つまり「どちらが強いか?」という熱は、「どちらも知っているファン」若しくは関係者だからこそ自己理解できる域だと、私は思います。過去の「HERO'SvsDREAM」の対抗戦も、選手を見続けたMMAファンには伝わった部分もあったのでしょうが、結局、そいつら以外の視聴者には伝わらない...あえて言わせて貰えば、「勘違い甚だしい思いこみ」が、今の底冷えした日本のMMA界を創り上げていった一要因だと感じています。

<日本人対決>

これも両者を知って、初めて伝わる域のものです。
例えば、川尻vs五味や、KIDvs元気の対決も、「結果日本人対決」になっただけで、主なファンの関心は、「どちらが最強を名乗れるか?」という所でしたし、また【そこに至る経過を知っているファン】だからこそ楽しめる対決だったからです。知りもしない日本人同士の対決に興味なんか湧くはずがありません。

私は、だからと言って、共同開催自体がマイナスだとは全く思っていません。将来の日本の格闘技界を考えれば、プラスに好転できる良き料に成るはずです。SRC、DREAM、K1、単位では、どぅ転んでも大晦日の夜を熱くすることは出来なかったでしょうから。ただ、

「少しはマシになった」

程度で、彼ら関係者や、若しくはそれ気取りの視聴率ヲタの目指す域に到達できるとは到底思えません。

苦言ばかりで、何も出来ない私ですが、私なりの大真面目な提案をさせて貰えば...(あくまでニワカ・一見さん集客用に考えましたが、私自身もこうであったらと思います)

<血と欲と信憑性>

○ケージ(男共の血を掻き立てるはず)
○王者(誰とは言いません)
○ジーナ・カラーノ(大晦日の夜に下半身まで熱く)

関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。