スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Memories in 2009 (怒り編)

「俺の拳にはMMAファンの、そしてDREAMファンの想いが詰まってます。」

仕組まれた発言だったとは思っています。勿論、この台詞が予め用意されていたなんて事では無く、当時の彼の取り巻きを見れば、極当たり前の失言でしょう。

私は、彼にそう言わせて「シメシメ」と思った人間の欲が嫌いです。それは、そういう人間の至極当然な欲かもしれません。しかし、自分の欲を満たすために「我が子を見せ物小屋に揚げる親」のような、勝手すぎる行為が正当化できるのでしょうか?こんな親は、世間に批難されると、恐らく、こぅ言うと思います。

「お客様の満足の為に揚げているのだ」

と...


日本の格闘技界の為?
「オマエノモノジャナイ」あしからず



HOTEI King & Queen 収録曲
関連記事

Comment

にわかレフリー・にわかジャッジ達へ!!

K-1、ボクシングのジャッジに対する文句。
角田氏のレフリングに対する批判。
アリスター選手の膝蹴りに対する反則疑惑。

もう、いい加減にしとけよ!

お前らは柔道の練習試合で仲間の試合の主審した経験ないやろ。
滅茶苦茶難しいねんゾ!
いたずらに試合の流れを妨げず、突然、目の前で起こる一瞬の出来事を瞬時に有効か技有りかを判断する。
自らも競技者で頭では十分わかっている事でも
その一瞬、その場の判断を下すのがどれだけ難しい事か。

子供の頃、友達と野球やソフトボールをした経験はあるやろ?
審判やった事あるか?
ストライク、ボールの判定に絶対的な自信を持ってできたか?
でけへんやろ。際どいコースの判定する時、周りの仲間の
反応を意識してたやろ。
バッターに「えっ?」とかキャッチャーに「今の、はいってるやろ!?」とか言われたら、おもいっきりビビってたやろ!
絶対的な権限を与えられ、その場の雰囲気に流されず、
自らの信念に基づいて一瞬の出来事を判断するのは、
人一倍の経験と競技者からの絶対的な信頼を得ていないとでけへんのや。

あとからビデオで確認して、首を抱え込んでいるとか
ビデオで見直したけど、明らかにローブローやとか
STOPするのが遅いとか…

そんな事、誰でもできるんや!
勘違いするな!

『格闘技の審判に誤審はない!』
審判の判断が”真”なのだ!

この事実を受け入れられない奴は
いくら経験があろうとなかろうと
素人以下だという事を自覚しやがれ!!!

これが私の2009年の『怒』です。




うわぁ~きたーーー。

そうですね。
最近、試合後に、必ず起きると言って良い話題が「審判問題」

話題になりやすく、ルールブックという明確な文面が有る以上、試合の中身の判らない人間には、語りやすいでしょうね。書いてあることと比較すれば良いだけだから。

ま、これが「今の日本の格闘ファン」のレベルです。
無料放送のTVにだけ齧り付き「言霊」を理解出来ないアホブロガーが「他人の単なる上辺の言葉」に煽られ、自分だけは主体性を持ったと勘違いしています。

どぅなるんでしょうか?
この国は...
非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。