スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PRIDE of JAPAN

長谷川 穂積

WBC Bantamweight title: Hozumi Hasegawa vs. Alvaro Perez
Date: December 18, 2009
City: Kobe, Hyogo
Venue: World Memorial Hall

Result: 4R 2:38 TKO
関連記事

Comment

えっと...長らく(1年未満)ブログやってると、何か...予感めいたものを感じる事があります(笑)私は、本日夜勤です。

どぞ...

さてさてお久しぶりです。
長谷川戦今観終わりました。
少し動きが硬いかなーなんて思っていましたが終わってみればいつも通りの圧勝でしたね。
しかし今回の試合。皆さんはどう感じたでしょうか?長谷川と言えばスピードとパンチのキレが非常に強力な武器ですが、今回の試合でそのディフェンス力に改めて驚かされました。フィニッシュシーンを見てもらえればわかると思いますが、相手のパンチをガードせず見切ってスカしています。ガードをすると腕を防御に使ってしまうため攻撃に移ることができません。ですが長谷川はパンチをスカしてかわすことですぐさま攻撃に結びつけることができます。しかも超接近戦で当り前のようにそれをこなしている・・・うーん素晴らしい!
それにしても長谷川は公開採点ってモノに全く縁がありませんねーw

お久しぶりです。
えっと、コメントありがとう御座います。
削除記事にならなくて良かった(笑)

ん~なるほど。ってもあまり...み...見えない(笑)
兎に角、レベルの高いアウトボックから、瞬時にインファイに切り替えるキワが凄いなと思います。素晴らしいですね。懐かしい言葉で言えば...

「本物の戦い」

を見た気がします(ゲラゲラ)未だに意味が解らないです。この言葉(笑)

すいません。
懐かしくなって今、見てきました。

今も使ってる!!!
腹痛い www
未だ使ってる www
腹痛い www

えーと・・・
ひょっとして長谷川の試合前の記事で「本物の戦いを見よう」。試合後のコメントは「強すぎる」ですか?
まあそれが彼のスタイルなんでしょうが・・

~格の違い~

長谷川選手、やっぱりカッコいいですね!

私、WBCバンタム級には
特別な思い入れがあります。

辰吉丈一郎や薬師寺保栄ら強い日本人が
活躍した階級っていうのもあるんですが…。

ウィラポン・ナコンルアンプロモーション。
この選手が私を虜にしました。

辰吉丈一郎を破り、彼が王座に就いたのが1998年12月29日
(これ、はっきり覚えていなかったので調べました)
以降、長谷川選手に敗れ、王座を陥落するまで
実に6年半もの間、誰にも王座を明け渡す事なく、
最強王者として君臨し続けました。

そしてその最強王者を下し、新たなWBCバンダム級王者となったのが長谷川選手。

最強王者を下した長谷川選手は、
ウィラポンの再戦をKOで退け、
実に4年半、V10の真最強王者となりました。

ウィラポンと長谷川選手、二人の最強王者により11年。
実に11年もの間、WBCバンタム級のベルトは守られているんです。
何者も手に入れる事のできないベルト。
WBAやIBF、WBOのベルトとは格が違います。

統一戦なんかしなくてもいい。
誰が見てもわかる最強を証明するベルト。
それがWBCバンタム級のベルトなんです。

このベルトをこれ程の格と品位あるものにした
二人の最強王者、その一人が日本人で有る事が
ほんとに嬉しいです。

減量が厳しく、階級を上げると噂されている
王者ですが、私個人的にはバンタム級にとどまってほしい!
具志堅の記録(13連続防衛)なんかどうでもいいです。
WBCバンタム級の王者で有り続けてほしいです!

ただでさえ階級が細分化され、格が下がったと思われる
ボクシングのチャンピオンベルト。
その中で唯一、品位と格式を維持しているWBCバンタム級。

その頂点に君臨し続ける真最強王者が
長谷川穂積なんです!!

ほんとにカッコイイです!!

美空さん
言われてみれば・・
意識したことありませんでしたが、WBCバンタム級のタイトルって11年の間で二人と言うか一度しか王座の移動が行われていないんですねえ。凄いこっちゃ!
ウィラポンの辰吉戦は僕も覚えています。格闘技に関してそれほど詳しくない当時の僕でしたが、(今もあまり変わらないかもw)何度挑んでも勝てないそうにない。そう思わしめる程の強さであり、その後中学・高校に通いながら時々ボクシング雑誌を見てはランキングの一番上に堂々と名を連ねるその男は陥落することがあるのかな?なんて思っていました。
最初は良く勝てたななんて思っていましたが、リベンジマッチをKOで返り討ちにした時に思いました。ウィラポンでも長谷川には何度挑もうと勝てないかもと。いつか長谷川にすらそう思う日がくるのかなあ・・・

力士マンさん
小阪選手残念でした・・・
でも気を落とすことはないと思います。
出血しても前に出続けたハートは素晴らしいですし、何よりアッカ選手は実力者です。今回の敗北を糧にして這い上がってきてこそ上を狙える選手だと思います。ちょっと好き勝手言いすぎかもですが、できれば人事だと思いたくありませんし、また来年強い小阪選手が見たいので期待を込めてのエールだと思って下さい!

oumさん

小阪は残念でした。
彼とはまだ直接話をしていないのでブログの情報ですが、網膜剥離になってしまったようです。

画像ではそんなに強い衝撃で当たったようには見えないのですが、バックハンドブローでやられたようです。
本当に私には想像が出来ないくらいに過酷な戦場に身を置いているのだと考えさせられます。
今後もやる気はあるようなので安心しています。
ファイトマネーを聞きましたが、びっくりしました。
小阪は今回、20kg減量して試合に臨んで、死ぬかもしれない場所に行き、あの金額には驚かされました。

あのDREAMの「妖怪」今○でさえ20万と聞きました。
恐ろしい・・・

お早う御座います。

うげっ!
その金額は、DEEPの興行でって事ですか?
にしても、毎月試合してもキツイですよね・・・
他の契約オプションがどうだか知りませんが、
仮にもDEEPとCage Rageのチャンプですよ...
その倍ぐらいは有ると思っていました。

oumさん

今成はDREAMでのマネーです。

安いですよね~

力士マンさん
お久しぶりです!
小阪選手網膜剥離って本当ですか!?アッカ選手恐るべし。
ともあれまずはゆっくり療養して完全回復してから再びリングに上がれることを願います!お大事に!!
そういえば、今までの小阪選手って無差別契約で試合をしていましたが今回は93kg以下契約でしたね。あえて過酷な減量を乗り越えて試合に臨むその姿勢には頭が下がります。世の中にはロクに絞らないで試合に出て負けて文句ぬかす寝技王みたいな選手もいるって言うのに・・・

ちなみに今成選手のファイトマネー。僕も武辺舎さんと同じくらいだと思っていました。あれだけの実力者なのに安すぎでしょ!?
でもですね・・・
僕の知り合いの元プロボクサーはA級ボクサーだったにも関わらず1試合あたりのファイトマネーは1万円だったそうです。
それにくらべれば・・・
非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。