スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三矢の訓 ?中巻(行動力編)?

カリスマ

形として存在するビジョンには必然的な行動を生じるが、ビジョンが大きければ大きいほど、そこには誠意、論し、などなど...と言った、個人の能力(が故の魅力)が絶対的効力として必要となってくる。つまり、単なる行動ではない「行動力」が、物事を推し進める鍵となる。それを人は時に「カリスマ」とも言うが、それは何も健全な人間ばかりを指し示す指標では無い。悪と向き合うような野心が人を引きつける場合もある。いや、かえって野心を剥き出しにした人間こそ真の行動力を発揮できる筈だ。
...善な人を何処までも善な人と...人は思えないのは、猜疑心という生命に関わるDNAを持っている人であるが故。であるから...。

兎も角、私は明確な野心を行動に裏付けた人間を何人か知っている。RINGS等を立ち上げた大殿「前田 日明」、嫌いで除くが「榊原 信行」、そして宗師「石井 和義」...

彼らは未だ資するに値する。
関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。