スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Urijah

NO FEAR!!!

Date: January 10, 2010
vs. Raphael Assuncao

カルフォルニア、いやTHEアメリカンヒーローの"御入場"である。
凄まじい歓声と悲鳴は、ヘッドバンドと歯を光らせるフェイバー唯一人に向けられる。
何度も客に手を引かれ、行進を妨げられても、それが当然と理解している彼は、尚も手を差し出し行進する。そして、ケージ際に登るや振り返り、自分という一点に集中した観客に向かって両手を挙げ、微笑んだ...。過酷なケージを背に、こんな微笑みの出来るファイターなど世界に唯1人であろぅ...。

ユライアSHOWは、序盤からアスンソンが距離を確かめる事無く、一気に勝負に出て行く展開。フェイバー相手に、意外と言えるアスンソンのアグレッシブファイトに、1度目のマイク・ブラウン戦を思い出し、一瞬怯んだ私であったが、フェイバーは、太陽が太陽たる故に輝くように、それを受けること無く攻めていった。大きく助走しなながらの右。フライングミドル。右クロスからのアッパーと返しの右。フライングニーとセットのワンツー。フィニッシュ直前のローシングルも綺麗だった。勝つための戦略など無い、センスの戦術だけで闘えるMMAファイターを私は他に挙げられない。

彼が攻める度、私は怖くて仕方なかったが、その度に、私は私では無い彼を自分自身の事のように誇っていた。
たった1人で...

No FEAR!!!


※ところでコレ美味しいのかな?(バック♪が良いです。MatchMaker - Take a Bow Soldier)
関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。