スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石井 慧 は名店か?

石井 慧
記念すべき初戦を落としました。ただの初黒星である。
「悲観するべからず」

私は2R以降、よく動けたと思っています。練習の成果は出たのでは無いでしょうか?エヴァンスのように大きくウェービングして何度か良い場面を作りました。ただ、恐らく、勝つための方策を持っていないように見受けました。まさか点と点を結んだ延長線上の極め(打投極のような)は出来ないと思ってましたが、点での方策さえもっていないように思えました。それは更なる練習と実戦を踏むことで解決して欲しいと思いましたが、首の怪我(ヘルニア)のせいもあって練習自体あまり出来ないんじゃ?という私的不安要素をある程度、払拭してくれたと思っています。ただ、首と言うことで僧帽筋や大胸筋に影響が有るのか?何のか?その辺は未だに心配ですが、専門的な事を識っておられる方がおられましたらご教授願います。

そういう見方の私ですから、当然、彼の初黒星を悲壮感たっぷりに騙るファンの言葉を想うと、居ても立っても居られず、ちょぃ反応してみようかと思った次第です。

<本文>
グレイシー伝説や、皇帝ヒョードルを間近で味わったセレブな日本の御客ほど、「味」にも「店の名」にも「食材」にも五月蠅いのは当然であるが、此処は一つ、名店と呼ばれるまでの過程を見つめて、自分だけの名店を探してみませんか?すれば、もしかすると日本という国に、貴方の名店を見つける事が出来るかもしれません。

と言うことで、現在の世界の名店を覗いてみたいと思います。店のチョイスは、主観を排するために、1月13日付けのMMAWEEKLYの中・重量級の各階級のランカー上位を挙げ、各ランカーの勝敗と、総試合数の勝利内訳で判定を除く勝率(T/KO・ サブミッションによる勝率)を(%)内で挙げてみました。本当はクートゥアなんかと比べたかったが...先ずは...

●ヘビー級
1 エメリヤーエンコ・ヒョードル
  32勝1敗1無(70%)
2 ブロック・レスナー
  4勝1敗(75%)
3 フランク・ミア
  13勝4敗(59%)

以下に、ケイン・ベラスケス、ブレット・ロジャース(現在1敗)という無敗という食材をウリに上り詰めた店もありますが、何時かは手に入らない...つまり、負けるのです。その時、貴方が勝敗数という食材ばかりに拘っていたら、いつまで経っても、貴方の店は見つからないのです。最近注目されるアリスター・オーフレイムに至っては、32勝11敗1無(70%)です。次に...

●ライトヘビー級
1 リョート・マチダ
  16勝無敗(44%)
2 ラシャド・エヴァンス
  14勝1敗1分(44%)
3 マウリシオ・ショーグン
  18勝4敗(73%)

勿論、私は町田君を好きですが、それは無敗という食材の良さも有りますが、日本人なら大好きな味を彼がもっているからです。アメリカ人のウケはやはり悪かったですが。エヴァンスはもぅ完全に美味しいハンバーガーの店ですね。皆さんお気に入りのゲガール・ムサシは6位ですが、28勝2敗1分(83%)。数字的には完全にセレブな日本人の壺に填ってますね。負けないように応援しましょう。ちなみに10位のジョン・ジョーンズは世界共通の味をもっていますよ。是非ご賞味下さい。最後に...

●ミドル級
1 アンデウソン・シウバ
  25勝4敗(66%)
2 ネイサン・マーコート
  29勝8敗2分(56%)
3 ビクトー・ベウフォート
  19勝8敗(56%)

何故かこの階級は、日本人に馴染みの深い店が多いですね。秋山、三崎、シールズ、ダンヘン。この3店舗もそぅ。しかし、マーコートが今出てくる店になるとは思わなかったね。あっ、ちょぃ脱線。どぅでしょ?一気に、一時消えた名店が復活してますね。PFPの呼び声高いアンデウソンなんて、凄く偏った味してるのにね。しかも、日本の店に高確率で負けている。ナマモノ禁止の店なのかな?でもコレ見て、良い店は食材じゃない!って解るよね?腐ってたらそりゃ?保健所くるけど。

●ウェルター級
1 ジョルジュ・サンピエール
  19勝2敗(62%)
2 ジョン・フィッチ
  20勝3敗1無(38%)
3 チアゴ・アウベス
  16勝4敗(55%)

GSPは勿論、世界の味、しかも日本食をベースに作り上げてますから貴方の口に合うこと請け合いです。しかも私は彼の2敗という食材こそ好きなんです。ドラマがありましたからね。ジョン・フィッチは、石井と同じく初戦黒星です。そこから地味に作り上げられた完成品です。チアゴ・アウベスは天才的若者ですが、それは努力の賜物です。何時かGSPのような名店になる事でしょう。

最後に、やっぱりクートゥア...いっときます。我慢できない。食材は、17勝10敗(33%)...どぅ?良い店でしょ?わかんないよねコレじゃ(笑)俺だけの店だもの。創業100年みたいな(笑)

※ということで、【石井 慧】は名店か?
私の答えは...「これから」でしょ?
こんな二行で済むのに長文失礼
関連記事

Comment

おもしろい!

でも、食わず嫌いの人、結構多いんじゃないかな?

最近思うんだけど、日本の格闘技ファンって
圧倒的にTV(地上波)のみって人が
予想(私的)以上に多いんじゃないかな?
来日したことのない選手や海外でレベルが上がった選手を
どの位知ってるんですかね?
(※私の周辺でK-1やMMAが好きって人は何人かいるのですが、
海外通と呼べる人はいませんし
「UFC?知ってるよ!凄いんでしょ?!」
レベルです。

野球でも、熱狂的な巨人ファン(私は違います!)を
自称する人でも大リーグは全然知らないって人、多いでしょ?
結局、国内での競技レベルが上がらないと
その競技の認知度自体も上がらないって事なのかなと思います。
(競技レベルが上がって、見る側(ファン)の
レベルも上がってくるって事だと思うんです。)

正直、現状では競技者のレベルに見る側のレベルが
追いついていないと思います。

要はハンバーガーで結構満足できている人が多くて
名店、素材の良し悪しを理解できるレベルにないので
食べにも行かないって感じじゃないですかね?
(寂しい話ですケド…、国内にも名店は結構あるのに…)

石井選手はこのままだと名店にはなれないんじゃないかな。
せいぜいフランチャイズの人気店止まりだと思います。
素材は良いと思ってるので彼独自のスタイル(オリジナル)を
作り出せれば、名店も夢じゃないかも…って思います。

現状は人気先行、味はインスタントに近く、他店の
コピー、素材はいいのでそこそこうまい。

が私の石井選手評です。

うーん、面白いですね!
僕の中での石井評も武辺舎さんと同じく「これから」ですね。どんな名店もオープンからいきなり名店足りえることはあり得ないですから。
この記事を読んで改めて思ったんですが、格闘家って言うのは実力だけでなくプロモーションも大事にしないと中々世間に浸透しませんよね~。アーツは知ってても菊野は知らない。そういうファンって結構いるんじゃないでしょうか?悲しいことですねえ。おばあちゃんが言っていました。「本当の名店は看板さえ出していない」と。もっと視野を広げてみれば面白い選手はいっぱいいるんですが・・・

ありがとう!
やった~。ホント良かった。

記事クリック数も過去最高でしたが、何よりお二人が「面白い」とかんじてくれて本当に嬉しかったです。

oumさんは更に深く考えてくれたようですね。私もお二人のコメントを見て、色々思いましたから、これからの私がどんな価値観に変化するか?自分でも楽しみです。

少し変化した武辺舎をこれかも宜しくお願いします。進化とは違います。変化です。チェンジ
非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。