スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道体質

大相撲

本名"ドルゴルスレン・ダグワドルジ"という相撲力士が、昨日引退しました。
この引退に関して、私は"現時点"では当然と考えます。
しかしながら
昨日から一部の新聞・報道で昨日から使われる「電撃」(若しくは突然)という言葉...「報道機関の卑怯なイジメ体質」の現れではないでしょうか?

はっきり言って何が電撃なのでしょうか?
皆さん本当に驚いたのでしょうか?
彼ら報道関係者は、今まで何年も軽犯罪者的な扱いで彼を「追い込んできた」でしょ?
それが今になって「電撃」という言葉を使って、完全に第三者として振る舞う。
朝青龍関に関して言えば、報道関係者は「当事者」と言っていい立場ですよ。
汚い。
本当に卑劣な連中です。
「やっと引退、我々の報道が報われた」
ぐらい言って当然のこれまでの報道経緯を後ろ手に隠すような事をするんじゃない!

ところで
私が"現時点"で引退は当然と申したのは訳があります。
その事に関しては、後ほど(何時になるか解りませんが)私論を述べたいと思います。
関連記事

Comment

しばらくネットにネットに繋げない状況でしたが、その間にスポーツ界にも随分と色々起きました。
内藤選手の様に現役を続行することを決めた選手もいれば、朝青龍の様に現役から退く選手もいます。正直言って僕は朝青龍に関してはもう見たくないと思っていましたので、変な言い方ですが結果だけ考えれば満足です。
人気・実力があれば何をしても許されるというような風潮になっていましたが、とりあえず相撲界も少しは良くなってくれるでしょうか・・・?
最近何かと話題のボクシング界ももっと見習ってほしい点が多々あるんですが無理かなあ・・・

すいません。コメント遅れました。

お久しぶりです。

私も、一つの側面からみれば朝青龍の引退は当然、いや角界の対応としては遅きに失した感さえいたします。
更に言えば、今回の暴行事件の真相が「さっぱり事実として確認できない」私個人としては、ソコを除いた前提の現時点でも、当然だと思っています。
繰り返しますが、あくまで一つの側面として、「私が」見た場合ですけど。
つまり"もう一つの側面"から見れば....随分と、おかしな【結果】です。

つまり...大相撲とは

「スポーツなのか?」
それとも別の
「なんなのか?」

この辺が...当の角界自体。解らないんじゃないのか?
そこで大きくミカタが変わるような気がします。

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。