スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEAUTIFUL MONSTERS

UFCは今なおPPVである。

イチローや松井秀喜がMLBに移籍し、衛星・地上波でほぼ毎日MLBが放送されると、街や職場は、球団グッズに飾られた多くの唯のアメリカかぶれでいっぱいになった。
モーグルの上村愛子が活躍しはじめると、女子モーグルは日本のオリンピック放送の目玉になり、街や職場は彼女の容姿で作られたCM広告でいっぱいになった。

彼ら BEAUTIFUL MONSTER の活躍を多くの不特定多数の目に晒すことができた地上波放送はいったい何を生んだのだろう?

私が街や職場で目にした多くの実態は「松井・イチロー・ヤンキースのファン」であり「上村愛子のファン」である。つまり、「野球ファン」でもなければ「モーグルファン」でもなかった。

さてである。
日本の総合格闘技イベントととして世界を席巻したPRIDEは、恐らく日本総合格闘技史が今後も未踏であろう域に達し消滅した。それほどの BEAUTIFUL MONSTERS を抱え、不特定多数の日本人の記憶に残すことができたのは地上波放送があったおかげだろうが、最後まで彼らはそこから来たMONSTERではなかったし、彼らを生む数学定数ではなかった。前記に同じく、やはり唯の「PRIDEファン」を最も多く生んで息絶えたのである。

私はブランドファンが嫌いな訳では決してない。welcome to the worldであるし、それは取っ付きの一つにすぎないのだから。しかし、底辺の獲得・拡大・育成の為に地上波が絶対必要だとは "全く思えない" のである。なぜ?PRIDEが旺盛出来たのか?ほんの少し前の総合格闘技の歴史を識れば解る筈である。新世界を切り開く時、リスクを払える者達こそ熱を帯びていく。

UFCは今なおPPVである。
そして、過去も今も BEAUTIFUL MONSTERS を生んでいる


♪BEAUTIFUL MONSTERS / 布袋 & LOVE
関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。