スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本再興計画書 ?Flow

日本の総合格闘技(以下、j総合)の事であります。
それが危ういという事実確認は、大なり小なり皆さんお感じだと思います。グローバルでMMAと呼ばれるフィールド(以下WMMA)が危うい訳ではありません。むしろ其れは増殖しています。そんな逆行するj総合をどぅ再興・復建したら良いのでしょうか?

その前に
私なりの定義を提示しておきますが、そもそもj総合とWMMAは違う種から発芽した格闘技であります。しかし、PANCRASEやRINGSのKokルール等に覧られたように、UFCをサンプルに受粉を繰り返すうち、物凄く似通った品種に成長したのが現在のj総合でありますが、しかしそれは世界も同様であり、バーリートゥードなカテゴリはどんどんプロ競技として規格統一されていきました。そして、アメリカンアスリート邑との橋を繋ぐことに成功したUFC邑が次第に頂点に据えられていき、j総合もWMMAのトライアングル化された枠の中に填り込んでいったのが現状だと思います。それがj総合の今の立ち位置だと思います。

踏まえて
その我々の危機感が何処に対してのものなのか?で、その復興のための計画性は異なります。よね。良く聞く地上波放送の有無に対してなのか、はたまたj総合のイベントがUFC等の対外イベントと相対評価してどぅとか、色々な掲示板を見ても幾つかあると思います。勿論つまるところj総合そのものが危うくなるという事にいきつくのだと思いますが、なかでも地上波の問題は何かにつけて正論のように語られている訳です。何時かのフジテレビとの契約問題から、そぅいう危機ならぬ"聞き意識"をもつファンが増えましたが、冷静に地上波が誰の問題かを問えば、これは企画屋の死活問題であります。しかしそれに拠るところの選手の食い扶持、選手やファン開拓の進展にどれほどの影響を与えるのでしょうか?今回はここから掘り下げて再興計画を論じてみたいと思います。

では世間に売り出して"なんぼ"と言われるj総合は今どれほどの価値があるのでしょう。ずいぶん昔のj総合が地上の光など届かない中で光合成をし、凛として咲いていた頃と今とでは格闘技の質が違うと思うのです。そもそも今のMMAの形状は"TVに乗りにくい競技"なのではないでしょうか。皆様なら今のj総合を視たことのない世間にどぅ説明されますか?その説明で理解させる事が出来るでしょうか?レスリングも柔術も識らない多くの日本人なら恐らく、見知らぬ2人が案外残酷なルールで競技しているぐらいしか理解出来ないでしょう。いや却ってそれが正解なのだと思います。勿論、私達はそれに手足をつけて楽しむ事が出来ますが、黎明期のj総合は、猪木アリ戦の夢の続きのような異彩を放ち、一見さんにこそ理解できる格闘技を提供していました。しかし、今のj総合は競技として発育し、更には巨大で複雑なWMMAのトライアングの直中にあるのです。それを限られた時間枠のなかでどのように世間に理解させる事が出来るでしょうか?その難しさは、今のj総合の有り様が雄弁に語っているではないでしょうか。ある意味必然的に、企画屋も選手もファンも格闘技を押し出すことが出来ず、「TV写りしか方法論を唱えなくなってしまった」のではないでしょうか。つまり、却って地上波が重い足枷となってしまっているよぅに思えるのです。だからと言って、あの頃の時間軸にj総合を戻す事が可能でしょうか?意味のない感傷を引きずる為にリングに拘り、場渡り的なルールの改定で事態が好転するのでしょうか?単にそれはWMMAの枠の中でのオリジナル色を出していく方策に過ぎないのではないでしょうか。

私は日本の総合格闘技の再興には、真逆に二通りの方策があると考えます。

一つは今の立ち位置でするべき術で、その枠の中、つまり世界で活きる為の方法論を目をそらさずに見据えることでしょう。

「皆さんはブラジルという国の有り様をどぅ思われますか?」
一時期の格闘大国の勢い程はありませんが、今尚世界に優秀な選手を輩出し、WMMAを支える存在であるブラジル。国内最大手のMMAプロモーションであるJungle Fightを筆頭に修斗、ケージファイトのWOCS、Fury FC等ありますが、どれも日本に比べたらミニチュアのようなイベントサイズであります。国外の名の売れた選手などまず上がらないし、国外のMMAファンからも注目されていない題名さえない舞台で彼らは必死に己が手で明日を開拓しています。そして何時の日にか彼らはWMMAの舞台で活躍の場を築いていくのです。そぅやって自分の身をを世界に置くことが生きる術だと強く認識した彼らの純粋な勝ちへの拘りは、あの頃の日本のように日進月歩な競技枠に対する代謝率を上げているのではないでしょうか。黎明期のj総合に対するマッハや宇野らがもたらした格闘家の凄みは決してTV写りでは無かった筈です。

真剣に日本の総合格闘技を今の位置から立ち尚させる事を望むなら、それは企画屋を保護して何とか甘い汁を啜る事ではなく、ファンも格闘家も時代の趨勢を受け入れ、保護域を棄ててvs.世界の領域に出張る行動が必要だと考えます。子細は除きますが、それが私の考える一つ目の方策であります。

Flow - hitomi

関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。