スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Anatomy of the Planet

football若しくはsoccerという競技に熱狂する惑星がある。それは惑星自体の名を変えんばかりのコミュニティを形成している。

競技者はその惑星の内核であり、サポーターと呼ばれる支援者は外核である。そして惑星全体の8割に及ぶ体積を有するマントルがファンと呼ばれる。地殻は凡そプレスと呼ばれるであろうか。

惑星中心部の熱と、地上付近で冷却された熱が、そのどちらにも接し流動するマントルを伝わる事で惑星全体の熱対流を発生させ、その惑星は生きているのである。

"酷評"という冷却が確かなものであれば、4年後の核の熱放射も期待できる筈だ。


格闘技もそぅであれ。


関連記事

Comment

ヒョードルの敗戦、応えてるみたいですね。
気休めになるかどうかは別ですが…
私の【最強論】を書かせてください。

【最強】
魅力的な響きを持つ言葉です。
私は物心がついた頃から強さに憧れを持っていました。
仮面ライダーが大好きで、親父と遊ぶ時はプロレスごっこ。
そんな私が初めて【最強】を感じたのは某レスラーとキックボクサーの異種格闘技戦でした。
某レスラーが勝利を治めた瞬間、、『この男は間違いなく日本で一番強い!』と確信しました。
何に確信したのでしょう?
技?力?体力?
そんなものじゃありません。
その時、その男が背負っている物すべてに対する
その男の姿勢だったんだと感じています。
その後、某レスラーは引退するまで私に対して【最強】である事を裏切りはしませんでした。
400戦無敗の怪物に対しても彼は【最強】でした。

柔道の山下は【最強】でした。
シンボリ・ルドルフも【最強】でした。
アリもタイソンも【最強】でした。

敗戦とは、【最強】を否定するものなのでしょうか?私の【最強】が敗れたのは非常に悔しい事ですが、今回の試合ではヒョードルの【最強】は何ひとつ揺らぐ内容ではありませんでした。
この敗戦を受けて尚、私の今の【最強】はヒョードルなのです。


心をありがとぅ御座います。
心を込めて書いてくれて"いつも"本当にありがとう御座います。
先ほどから色々、言葉を並べてていますが、とにかく今は

「1番大切」な美空さんの心をありがとう御座います。

とだけ。
非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。