スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The River

私が中学の頃、大好きだった"Bruce Springsteen"

当時、放送委員であった私は、校舎に彼の曲を響かせていた当時を思いだします(大音量でBorn In The U.S.A.を流したら叱られたっけ)。そして懐かしい友らの顔と、故郷の空や丘などを思い出します。最近はアメリカの保守層の天辺に祭り上げられた彼ですが、私は武士道の"一つの重要な原型"に近い精神性を彼には感じるのです。今回紹介する"The River"という曲は、彼曰く「義兄と妹に送る曲」なのではありますが、詩のその奥底にある自然崇拝的なスピリチュアル性が、私の心を打ってやまないのです。だからこそ、プロテスタントでは無い我々倭国人にも理解できる詩なのではないでしょうか。



The River

俺は谷の町から来たんだ
そこで生まれた若者は皆
親父の跡を継ぐように育てられるんだ
俺とメアリーが出会ったのは高校の時
彼女は17歳になったばかり
俺たちは車で新しい地を目指して
あの谷を降った...

俺たちは川を越えた
一緒に越えたんだ
あの川を越えたんだ

やがてメアリーは妊んだ
それだけは、兄貴に手紙で伝えた
俺は19歳の誕生日に、労組の組合員証とスーツを手に入れた
俺たちは役所に行き、手続きを済ませた
参列者の微笑みも、教会の式も無く
花束もウエディングドレスも無しだった

あの夜
俺たちは川を越えた
一緒に越えたんだ
あの川を越えたんだ

俺はジョンストンで建築の仕事に就いた
だけど近頃は不況で仕事が無い
大切だと思っていたこと全てが
みんな霧のように消えてしまう
俺は憶えていないふりをして
メアリーは気にしていないふりをする

でも俺は憶えている
兄貴の車を盗んで出た日のことを
彼女の日焼けた体が濡れた日のことを
夜、俺は川辺で目を覚まし
そして彼女の息を感じながら強く抱いたんだ
今は、その記憶が黄泉がえり
俺を包み苦しめるんだ
あれは叶わなかった夢だったのか?
それともこれは酬いか?
川が俺を導く
もぅ川は涸れてしまっているが
でも今夜、俺に越えろと叫ぶ
川を越えろと
小さな子と俺で
もぅ一度この川を越えろと...

和訳:buhensha
関連記事
Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。