スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

400回目の夢を見て

何時も鏡を見るたび_
不思議なラインが顔を覆ってゆく

過ぎ去ってゆく_
それは夕暮れか夜明けのように

そんなものさ_
誰だって支払わされる代償なのだから

そうさ、誰にもわからない
何処から来て何処へ行くのかなんてね

私は知っているんだ、みんなの罪を
それは失うことで得る方法論さ


人生の半分は本に書かれてる
愚者と賢者に学んで生きている
そして真実は_
何でもかんでも君に還ってくるという事


*一緒に歌おう_日々のために歌おう
笑い声のために、涙のために歌おう
それが今日のためなら一緒に歌おう
明日にも_主が君を奪って行かれるかもしれないから

*夢を見て_夢を見て_夢を見て
夢が叶うまで見ろ
夢を見て_夢を見て_夢を見て
いつか夢が君になるまで見ろ

*Repeat

(Buhensha訳のため取り扱い注意)

関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。