スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Penn_bias

"The Prodigy(天才)"_。
私は思う_フランク・エドガーとの2連戦が物議をよんだのも、ジョルジュ・サンピエールとのコミッション絡みの事も、みな彼の実力に帰属していたが故だと_。

血祭り vs.Gomi

UFC 127: B.J. Penn vs.Jon Fitch
Date: February 26, 2011(US)
Venue: Acer Arena
City: Sydney, Australia

神格化しときながら無粋ではあるが(笑)では試合予想といきたい。
まず対戦するのはUFC戦績13勝1敗_うち判定試合が10試合の"Fitch"。戦績だけを見るとディフェンシブなファイターの一人だが、実は彼のハートは熱く、見た目以上の力強いファイトを展開する。
身体的な特徴は、身長183?、リーチ188?と、ミドルクラス以上の体格を備えている。また技術的な特徴といえば_勿論、レスラー出自の柔術家ではあるが、素人感想を言えば_UFCでも指折りのガードスキルをもったファイターだと私は思っている。最近ではチアゴアウベス戦_そのガードスキルの実力が、アウベスから私に伝搬した一戦であった。
こぅ書くと"Penn"の新たな章に、何か嫌な予感がする方はよく見ている方だと思う。それに彼のウェルターでの実績といえば、その王座にも就いたが、あくまで同体格との相手に勝っていると言うことにも恐らく行き着くはずだ。

でも"天才"は"天才"なのである。
凡人_ましてや素人には理解など、予測出来なくて良い存在だろう。


おまけだが_
例えば、ここに新団体がある。君はオーナーだ。そして君は世界中のMMAファイターの中から今_まさに今、一人のMMAファイターを選ぶことが出来るとしたら_誰を選ぶだろうか?
私は好き嫌いではなく、思い入れでもなく、GSPの顔を腫らした_
この世で一番怖い男を指名する。

B.J. Penn

血祭りが始まる!


関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。