スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANTAMWEIGHT vol.1

軽量階級になるとボクシングでもそうですが、日本人も頑張れる位置なんですよね・・・
こないだ軽量級の話はしたので、今回はさっさと行きますか。

 WEC王者であるミゲール・トーレスは、日本での試合は無いものの、元修斗米大陸フェザー級王者・・・そぅ彼もまた修斗の道を通ってきた1人である。戦績を見ても判ると思うが、38戦して負けは判定一度だけで、その相手にも1Rに得意のサブミッションでリベンジしている。19才でデビューして勝率はあのヒョードルより上だし、何より超軽量級の選手層を考えれば驚愕の実績である。今回のトーレスの防衛戦は、当初は4月に行われる筈だったが、ブライアン・ボウルズの負傷により流れていた。お陰で、水垣 偉弥というファイターの素晴らしさを世に知らしめたのだが、今回も恐らくトーレスに分があるだろう。例えば青木のように穴のある選手なら、そこを突く勢いのある攻撃で破ることも可能だろうが、そんな穴のある闘いなど、あまり見たことが無い。が、恐らくインファイトでのディフェンスは最も不得意だろう。恐らくボウルズはダーティーボクシングで攻めてくる。しかし、そういうスタイルのファイターが、広いケージと長い手足のある人間に勝つには、段違いのフィジカルが要求されるだろうが、そこまで極端な差は正直無い。


 上田 将勝の試合を観るとき、私は何時も修斗のリングにオクタゴンを想う。そして彼がオクタゴンの他の王者と並び称される日が待ち遠しくて、待ち遠しくて仕方ない。
 彼の闘いの最大の魅力はレスリングである。そのレスリングで大学時代に二度 KID と試合をしているが、卒業後も パラエストラ東京 に所属しつつアマレスの大会に出場していた。また全日本コンバットレスリング選手権大会にも出場し、五味 隆典 の兄貴を降し優勝を果たしている。総合格闘技に身を置くことになったのは、目的や理由は別にあったにしても、日本のスポーツの環境を考えれば必然のようにも思える。単にアマレスリングの経験値が総合格闘技にコーティングされるという事を私は証明出来ないが、そんな事も彼の闘いを見るたび確信したくなる。闘いの究極の目的が相手を殺す事が目的なら、相手の急所をあからさまにする状態を最も作りやすくするレスリングという技術は・・・ムニャムニャムニャ・・・。兎に角、格闘技においては今まで打つ技術、極める技術が脚光を浴びて来たが、MMAという新しい競技を観ていると、彼のレベルの高いめの技術の狭間で、それがやけに眩く光って見える。
修斗新人王決定トーナメント?決勝 3分過ぎのパウンドを払う上田に注目


覚えておいででしょうか?ジョセフ・ベナヴィデスは、カルフォルニアKIDがタカビーに、日本のKIDに差し向けた刺客であった選手です。あの発言がマジになるとは思ってもいませんでしたが、ご存じのようにKIDの怪我により真の夢(俺の夢かw)への道は潰えてしまいました。何とか繋がって欲しいですが・・・。流石にフェイバーと練習してるだけあって10戦無敵と頑張っている選手です。マネーの問題でしたが、実に惜しい選手を手放したものですFEGは(泣)。対するドミニク・クルーズはWEC26で、そのフェイバーとのカルフォルニア決戦でMMA唯一の敗北を記録しているが、前回これまたMMA8戦全勝と波に乗っていたメキシカンのイワン・ロペスを判定で退け、立ち位置を以前キープしている。
動画はTeam Alpha Maleでの練習風景です。フェイバーも後ろで「すげぇ?」って感じの顔で観ています。
Joseph Benavidez


水垣 偉弥と対戦するジェフ・カランは日本のファンならKIDの肋骨を折った男として有名だが、PRIDE武士道やZSTなど日本マットにも上がっており、もぅ10年以上もアメリカの軽量級を牽引してきた第一人者である。勿論、彼も修斗の道を来たおとこである。UP動画は、煽りVでも使われたクレイジーな試合の模様です。

関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。