スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hungry?

UFC145絡みから少し離れて

昨日は、川尻選手が見事なトライアングルチョークで現KOTC世界王者を降しました。らしいというか、世界が評価できる勝ち方でしたね。先月は日沖選手がUFCで二勝目を挙げ、世界の頂点まで恐らくあと数歩(私はダスティン・ポーリエがトップコンテンダーだと思いますが)の所を歩んでいます。そして同じくALIVE所属の久米 鷹介(修斗出身)も172cmの小さな、しかしGeorges St-Pierreのような鋼の肉体で、高すぎるウェルターの頂点を目指し歩み始めた筈です(ちょっと先日の試合は実力差がありすぎましたが見事な勝利でした)。

どうですか?国内の大きなMMAイベントの状況を憂いていなくても、彼らはしっかり世界で結果を残しています。当たり前ですが実力さえあれば生き残れる世界です。試合意外の挙動が面白くなくていいんですよ。自分の身の丈にあった小さなエリアを守るのは私のすることであって、夢を託された君たちじゃない。以前にも書きましたが、ブラジルの選手は昔から今の彼らのように世界に翔いてきたのですから。

関連記事

Comment

非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。