スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECOな環境と体

エコバックが話題になってから、私の身の回りでもそうした「人間らしくない」しかし「人間にしか出来ない」活動が増えてきたように感じる。

コンビニの弁当と飲み物ぐらい素で持ち帰ろう!

しかし、相変わらず病院帰りのご老人方、特に、ご婦人の方々が、大きくふくれたレジ袋に山盛りの薬物をニ、三袋抱えてハツラツと歩く姿を目にする。昨日も、友人と袋の大きさを比べ合いながら、「少ない」と医師の処方に文句をつけ、絶妙な友人のツッコミに大口開けて笑うご婦人を見掛けた。
はっきり言って薬物中毒である。
二袋目以上は、始めに飲んだ薬の副作用で起きた病を抑える薬であろぅ事にも気づいていない。
風邪薬も含めて、殆どの薬物は病の治癒では無く、症状の抑止でしかない。


Elvis On Velvet @ Yahoo! Video


エルヴィスも、マイケルも徐々に薬物が増えていったのである。
関連記事

Comment

こんばんは。
薬物に関してですが、全く同感ですね。
医者にも営利目的でしょうか?クスリをやたら出そうとする人もいます。
本来人間には自然治癒能力が、備わっているはずですが・・
勿論近代の利便性を否定は出来ませんが、何も疑わずというのは、消費のターゲットになるでしょうね。

営利目的の医者。いますよねー
病院という機関で出されるモノなので無条件に信用・信頼してしまう気持ちはわかりますが、自己管理の面から見ても注意するべきですよね。うん、気をつけよう!

セッツァーと聞くと某FFのキャラが出てくる・・・

医師も、そぅかもしれませんが、特に開業医は、薬局とセットになっているのをご存じですか?どの位の金が動くのか解りませんが、親類の薬剤師から聞いた話だと、相当な見えない補助があるようです。医師も、そういう「しがらみ」が有る以上、例えば新薬のデータ取りの為に、必要のなさそうな患者にまで・・・だ、そうです。
悲しいですね。

ホント薬九層倍(くそうばい)ですね。
非公開コメント

Favorite links
Personal
管理者:武辺舎
Year of birth:1970
Sex:Man
Occupation:S,National government employee
Family structure:One wife,Three children
Sports:Baseball,Bayonet
Mail:buhensha@gmail.com
マイブレス飲食部門会員No1007
iNOVEL:武夫の拵え(2010.10 〜 連載中断。なお作業はコツコツ継続中)

武辺舎

Latest Entries
Comments

openclose

Buhen暦

▲NOW

Category
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。